<   2009年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

世襲制限

世襲は「他人のふんどしで相撲をとる」ならぬ「親のふんどしで相撲をとる」ようなもので、
羞恥心から二の足を踏みそうなものだが、地盤、基盤やら安定やら生活水準やら
「門前の小僧・・」じゃないが世襲が大流行だ!
政治家やタレント、医者など、儲かる仕事には、世襲は付き物だ。
政治家の世襲制限が話題になっているが、ついでにタレント議員も禁止してもいいと思う。
世襲はある意味それが、日本文化みたいな感じがする。
天皇家や歌舞伎、生花など家元やら宗家やら探すと腐るほどある。
司法試験のある弁護士とか、スポーツ選手なら、蛙の子は蛙で認められるが、
ただそこに生まれただけで、向き不向きに関係なくなれる仕事には、制限があるべきだろう。
それでないと世襲は、衰退と腐敗を招くだけだ。
[PR]
by tonomophoto | 2009-04-28 15:24

携帯の迷惑メールの件

この時期に労せず稼ぐ、族がおるみたいだ。
携帯電話を家電扱いし始めて2年以上経つが、
5年保障があるわけでもなく、1月ごとの暴利な掛け捨て保険しかない。
悪徳極まりないが、仕方なく使っている。
基本料が980円から始まり490円!
先日、知り合いが2年間基本料が8円だといって新しい携帯を買ったという。
怪しい。何か裏があるはずだ。
利用者が増えて法整備が遅れている所に、悪徳新ビジネスが潜んでいる。
最近、携帯の迷惑メールが増え続けている。
毎回違うアドレスで送ってくるので利用者は、どうしょうもない。
携帯でメールを受信するだけで金が掛かるということは、
迷惑メールで、電話会社は稼いでいることになる。
受信で金を取る自体怪しい話だが、何でもかんでも送れば儲かる仕組みに、
目を付けた迷惑メール業者と、電話会社とが組まない限りこんなことにはならん!
楽して稼ぐとは、こういうことなのだらう。
[PR]
by tonomophoto | 2009-04-27 20:13

晴れの日の雨

昨日の撮影は、いい青の空にもかかわらず雨!
狐の嫁入りという奴で、外観撮影に時間がかかった。
今日は、晴れのはずが天気予報にまたも騙されて、予定がパーに!
撮影を中止して、雑誌社に納品し、自家用の車のタイヤ交換にオートバックス行った。
セール中ですごい人!待ち時間の間にパナソニックのストラーダというナビを衝動買い。
見込みの定額給付金を使い果たして帰宅。
今月の予定も散々狂って、連休に入りかけている。
明日は、天気大丈夫やろか?
f0178635_1803877.jpg




人気ブログランキングへ
[PR]
by tonomophoto | 2009-04-27 17:59

タマホーム と木村拓哉

妙な噂で、タマホームで検索すると、「みのもんた」を差し置いて「 木村拓哉」が出る。
まさか!まさか!情報操作か?次回のCMが楽しみ!
f0178635_16243857.jpg




人気ブログランキングへ
[PR]
by tonomophoto | 2009-04-24 16:25

高燃費と低燃費

高燃費車と低燃費車。
いったいどっちが燃費がいいのか?
やっぱり高燃費でしょ!よーわからんが、この際どっちでもいい。
エコカー減税で車選びが難しくなった。
欲しいと思っている車は、対象外。
燃費の悪さを引き換えにしても乗りたいと考えていたが、
額に大きな開きがありすぎて悩む!
スタンスを変えて金に屈するか!信念を貫くか!
対象車は究極の選択なぐらい、欲しい車がない!
無駄に減税の名の下に車を増産するのがエコか!
売れなくなる燃費の悪い車を、リサイクルしてやるほうが、エコやろ!
景気対策とごっちゃにしてエコに便乗するやり口が気に食わない。
f0178635_204856.jpg

[PR]
by tonomophoto | 2009-04-24 02:02

色味

昨日の雨から一変、今日は快晴となった。
住宅を一件、中外を撮影。その後、
最近ご縁のできたデザイン事務所に行った。
モニターの色味の違いに驚愕した。
写真は色味だ。ウェブの怖さを実感した。
HPもブログも、画像をどのモニターで見るかで、
評価が変わる。うすうす感じていたがホント怖いものだ。
f0178635_21544134.jpg

[PR]
by tonomophoto | 2009-04-22 21:55

雨の建築写真

チラシの撮影で、印刷会社が連休に入ることを見越して急ぎの撮影になった。
しかし、時化気味の雨で室内のみとなった。
f0178635_23331569.jpg

[PR]
by tonomophoto | 2009-04-21 23:32

定額給付金の通知

我が家にも、定額給付金の通知がきた。
エコカー減税で頭がいっぱいで、すっかり忘れていた。
やっとだ。しかも、書類と封筒が入っていた。
記入して振込み先のコピーと共に送り返す必要がある。
いくら賭けて、こんなご丁寧なものを作ったのか解らんが、無駄遣いにもほどがある。
一般の企業ならありえない手間暇と無駄が掛かっていることは間違いない。
三重の田舎ではこんな状態ですわ!
7月末に車検が切れるので、車の買い替えを考えているが、間に合うか心配だ。
f0178635_2291355.jpg

[PR]
by tonomophoto | 2009-04-20 22:09

街角スナップ

二泊三日で大阪に撮影に行ってました。
行くと、ついつい撮ってしまう場所がある。
また、同じ所を撮ってしまった。
f0178635_14453189.jpg
f0178635_1445444.jpg

[PR]
by tonomophoto | 2009-04-20 14:47

TS-E17mm F4Lが楽しみ

f0178635_17221948.jpg
「建築写真家のニーズに応える、超低歪曲かつ画面周辺までの高画質化を実現。大口径非球面レンズとUDレンズを使用した高い光学性能に加え、新反射防止コーティングSWC(Subwavelength Structure Coating)が入射角の大きな光によるフレアやゴーストの発生を抑制。ティルトとシフトの移動方向を直行から平行まで0~90°の範囲で設定できるTSレボルビング機能、大型ノブの採用など、快適な操作性も追求しました。また、ティルト部を基準位置で確実に固定するティルトロック機構を装備しています。」と書いてある。
是非、欲しいという内容なのだが、果たして本当に使えるか少し疑問もある。
今まででも、大抵のレンズの説明に「超低歪曲かつ画面周辺までの高画質化を実現」ということは書いてあったが、あまりいい経験はない。
短焦点というのも、ズーム慣れると結構シンドイ!
超低歪曲ということは歪曲があるということで、どの程度か、というか癖がないかが問題だ。
今は、DXOが一括でかなり補正してくれて大変便利になったが、DXOがマニュアルのシフト量まで計算し
補正するわけがない。となると、1枚1枚その都度調整する必要がありそう。
じゃあ、この時代にキャノンが何を思ってこのレンズを作る気になったかが疑問になる。
デジタル化の中で、この広角シフトレンズは、明らかに建築写真家の為に作ったはずだ。
何か思いも付かないすごいレンズなのかも知れない。
ここまで、書いて欲しさが醒めだしたが、とりあえず楽しみに待ってみようか。
[PR]
by tonomophoto | 2009-04-17 17:26