<   2013年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

轟沈

今日の撮影先で教えてもらったお城
「行くまでの もんじゃない」と言われのに行ってしまった
見えてきた途端にに轟沈です
石垣がない 
お城にありがちな のぼり旗があるが 「営業中」やら「ランチやってます」やら
ありえへんわ!
この城は城山公園の入り口付近にあり
どうやら上には 新居城跡があるらしい
室町中期のもので この天守ぽいの建物が看板にしても ひどい話だ!
駐車場が有料なら 発狂もんです!
f0178635_21545657.jpg

狂ったこの世で狂うなら気は確かだ
                      シェイクスピア



人気ブログランキングへ
[PR]
by tonomophoto | 2013-05-31 22:13 | 色情報なし

呪いの城 Ⅲ 

昨日 ブログランキングに表示された 
タイトルの「呪いの城 Ⅱ」が
「呪いの城 ?」だった
呪いなのか?
今日のは どうなるか 楽しみ!
f0178635_6255175.jpg

失敗がいくつも見つかったら
成功は近いと思いなさい
                ジョセフ・マーフィー



人気ブログランキングへ
[PR]
by tonomophoto | 2013-05-31 06:44 | 幻影城

呪いの城 Ⅱ

人柱を 辞書で引くと
1 築城・架橋・堤防工事などの完成を祈って、
神へ供える生贄(いけにえ)とするために、
人を土中や水底に埋めること。また、その埋められた人。
2 ある目的のために犠牲となった人。
となっている
日本特有のものでもあるらしいが
神道では死者を柱で数えることからも
古からの風習であると思われる
f0178635_19434658.jpg

死はそれほど恐れることではない
むしろ不十分な生き方を恐れなさい
                      ベルトルト・ブレヒト



人気ブログランキングへ
[PR]
by tonomophoto | 2013-05-30 19:52 | 幻影城

呪いの城

日本最古の現存天守のあるこの城は
お静の人柱伝説があり慰霊塔がある
呪いに守られているということか
f0178635_1942495.jpg

「時」をまねるがよい
「時」は一切のものをゆっくりと破壊する
「時」はおもむろに浸蝕し 消耗させ 根こそぎにし 引き離す
だが ひったくることはない
                 ジュベール




人気ブログランキングへ
[PR]
by tonomophoto | 2013-05-29 20:18 | 幻影城

辰巳櫓

名古屋城本丸の南東隅にある 二層三階の南東隅櫓です
名古屋城築城時のまま現存する隅櫓なので
昔の方位で辰巳の位置あるので辰巳櫓ともいう
国の重要文化財である
左奥に見えているのが表二之門(南二之門)です
f0178635_1922366.jpg

シャシンじゃなくてシャブだね
                  荒木経惟



人気ブログランキングへ
[PR]
by tonomophoto | 2013-05-28 23:39 | 幻影城

僕らは夢でメシを喰う

【自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う】
このタイトルは名言だ 表紙の写真にも魅せられた
若者のバイブルというので 高3の息子にと購入したが
あの手この手と夢を現実にするプロセスが出てくる
出版へのマニュアル本には違いないが 
紙媒体の過渡期に現れた救世主のような いい本である
写真集でも出そうかという気にさせられるのだ
夢でメシを喰うという理想のお手本がこの本の出来だ
「僕らは夢でメシを喰う」というのは 
この本の著者と出版社だろうし
まさに自分の本なのだろう
f0178635_10231777.jpg

テーマを決めたら
極限までやってみなさい
主題は 心から愛しているもの
または 心から憎むものでなければならない
                           ドロシア・ラング




人気ブログランキングへ
[PR]
by tonomophoto | 2013-05-28 10:40 | 色情報あり

白山比咩神社

祭神は白山比咩神 いわゆる菊理媛神(くくりひめかみ)である
神道では天津神(あまつかみ)と国津神(くにつかみ)に分かれる
天津神は、高天原から降臨した神である
国津神は神話に登場する 天津神が降臨してくる前からの神である
菊理媛神は国津神で古代の女神といわれる
f0178635_184045.jpg


薬は病気の人間を
数学は悲しむ人間を
神学は罪深い人間を生む
                ルター



人気ブログランキングへ
[PR]
by tonomophoto | 2013-05-27 18:55 | 色情報なし

虚像

現存天守は 日本の城の天守のうち 現代まで保存されている天守のことである

これ以外の天守は 復元天守 復興天守 模擬天守である

復元天守は 外観を以前の通りに復元したもの

復興天守は 天守が元の場所に再建された天守のうち 規模や意匠に推定の部分があるもの

模擬天守は 天守のなかった城か天守が存在したか不明な城に建てられた天守のことである

f0178635_20453132.jpg


いいかい 気をつけろよ だまされんなよ
腐った奴らが増えているんだ 自分を見失わないで欲しいんだ
                                       忌野清志郎



人気ブログランキングへ
[PR]
by tonomophoto | 2013-05-26 21:13

享保騒動

名張藤堂家初代 藤堂高吉は 織田家重臣の丹羽長秀の三男である
 
羽柴秀吉の弟 秀長が養子として迎えたが 秀吉が甥の秀保を後継ぎにしようとした為 
秀長は秀吉に反発し 秀吉と秀長が不仲になってしまった
そこで 藤堂高虎が養子としてもらい 名を高吉に改める

しかし高虎に実子 高次が生まれると その話も破断となり 高虎の家臣となる
高虎は高吉を疎んじて 参勤交代に同行させなかった
高虎の死後は 高次の家臣として仕える 
高次の命により伊賀国名張に移封高次は高吉の存在を危険視したとされ
幕府に高吉を藤堂本家から独立させ 大名に取り立てようという動きがあった為と言われるが  
高虎の葬儀にも出席させず 帰国を命じている
名張移封も 高吉に対する高次の冷遇であったと言われる

享保年間まで名張藤堂家と本家との対立は続き
五代目 藤堂長熙は 高吉の実家である二本松の丹羽家を通して幕府に独立を働きかける
しかし 本家の知るところとなり
最終的に家老3名が主君のあずかり知らぬところと主張し責任を負って切腹
長熙は隠居 長美が継ぐことで収拾する 
これが享保騒動である

名張藤堂家正門 太鼓門
f0178635_2122443.jpg

衝動の有るところに 自我を在らしめよ
                        フロイト



人気ブログランキングへ
[PR]
by tonomophoto | 2013-05-25 21:43 | 色情報なし

MORE

言葉では不明瞭なとき 私は写真に集中するだろう
写真では不十分なとき 私は沈黙のまま満足するだろう
アンセル・アダムス

f0178635_12394775.jpg





人気ブログランキングへ
[PR]
by tonomophoto | 2013-05-25 13:14 | 色情報なし